hamaji junichi

composer saxophonist

《変容の対象》2019年10月第10−11小節目を福島諭さんに送る。

 

**

 

マイルスのボックスセットを買ってまた聴いている。コルトレーンとの全録音6枚組でこれは初めて買った。ストレート・ノー・チェイサーのコルトレーンより、むしろキャノンボール・アダレイの演奏に今更唸るのである。一体何を聴いていたのかと思わなくないが、こういう現象は時間をおいて繰り返されるものだと経験則がそう告げる。アダレイといえば、ちゃんと聞いたのはかの「something else」という名盤と、「kind of blue」だけだし、something~はあまり刺さらなかった。ただ、今聴けばわからない。kind~はやはりコルトレーンということになる。で、ボックスセットのアダレイが巧すぎるにもほどがあるので歓喜しながら車中で嗚呼と。

 

**

映画のDVDを貸したりするのは僕がそう言った文化的な交流を好む性質によるからだが、実は自己満足なのかもしれない。相手はありがた迷惑という場合もあるだろう。ただ、そういったきっかけがあれば嬉々としてお勧めしたいという衝動にかられるわけだ。中には熱心に貸した映画を見てくれる人もいる。そんな人にplup fictionを貸してあげたいと思い、以前貸したままのところに返してもらいに行ったが、行方不明と。1年ほど前のことでもあるし、所在不明は残念ではあるが、仕方がないので再度購入しようとしても今は廃盤なのか、タランティーノの映画はほぼほぼ中古でプレミアが付いている。アマゾンなんかでは7,8千円からとか。どうかしているので再販されるのを待つことにする。なので貸せない。残念極まりないがこれも巡り合わせであろう。

《変容の対象》2019年10月第8−9小節目を福島諭さんに送る。

 

消耗する。1時間半ほど、感覚では息を止めているような時間だった。稀にそういう感覚が去来するけれど、強迫観念的な何かか、書いている時にそういう現象が起こる。

 

**

映画「メッセージ」を見る。2回目。原作はかの名著「あなたの人生の物語テッド・チャン 文学でしか、書くことでしか表出不可能な領域を孕んだ物語。唯一無二。少なくともこんな小説は読んだことがない。と初めて読んだ時歓喜に奮えた。大げさではなく。

 

映画はそこの領域には触れることは不可能だけれど、十分面白いのは変わらず。

 

アリータも原作にほぼ沿っていて面白かった。監督の手腕である。

 

イコライザー2も面白いのは変わらなかったが、デンゼル・ワシントンはスキンヘッドの方が断然カッコよろしい。前作の起きて仕事に出かける前に鏡の前で毎朝頭を剃るシーンが特に好きだった。自分が頭を数日に一回剃るのでそれもあるのだろうか。今作はそういう粋なシーンはあまりなかった。老人と海のシーンのようなものもなかった。あれは痺れたものだ。今作もかの名作を読んでいるが、あまりそこにフォーカスはされていなかった。監督が違うのだろうか。そういう文学好きがニヤッとするシーンはなかった。

 

あと、邦画では「駆け込み女と駆け出し男」が超絶に良かった。井上ひさし原作。必見の名画である。鉄板。

 

天才押井守監督の「ガルムウォーズ」。僕は良かった。

f:id:hamajijune:20191014174025j:plain

f:id:hamajijune:20191014160527j:plain

f:id:hamajijune:20191014150335j:plain

f:id:hamajijune:20191014170754j:plain

f:id:hamajijune:20191014150211j:plain

f:id:hamajijune:20191014150038j:plain

 

 

福島諭さんが先日のイベントの様子の写真を送ってくれた。

 

端正なイベントの様子が伺える。

 

static

 

 

上の真ん中が映像の遠藤龍くん。右が高橋悠くん。

 


Dave Brubeck Quartet In Your Own Sweet Way Belgium 1964 YouTube


Miles Davis Quintet - In Your Own Sweet Way

 

ポール・デスモンドが信じられないソロを吹いている。夢のようである。一体どういう内部の思考の流れがあって「それ」が可能かわからないが、思わず夜中採譜してしまった。

 

一方のロリンズのソロはもう完璧すぎるということでつとに有名である。(はずだ)津上研太さんに師事していた頃、聴くべき作品の一つとして勧められて以来愛聴。もう随分昔のことだ。

 

jazzは譜面というメディアによって「初めて」出現するもの、、、以外では最強の音楽の一つだが(無論僕は前者の側に基本的には立つけれども)これらはそれを証明している。

RGB3

www.shimaf.com

 

福島諭さんから今月の変容の最初の返答を受け取る。

 

今は台風の風が断続的に電柱のシールドを揺らす音と、風の壁のぶつかる音が鳴っている。

 

レゾナンスという言葉はサクソフォン奏者なら少し頭にある。

 

福島さん、高橋悠さん、高橋香苗さん、遠藤龍さんは今回互いを顧みないという文字がそのフライヤーに明示されている。砂丘館は一度演奏したことがあるからその様子を思い返しながらこの3年目のシリーズイベントに思いを馳せた。

 

新潟の方々は是非足をお運びになられてください。14日砂丘館にて。