hamaji junichi

composer saxophonist

《変容の対象》2020年1月第8−9小節目を福島諭さんに送る。

 

バズリクソンズのウィリアム・ギブスンシリーズの紹介文を見ていたら「パターン・レコグニション」の作中に出てくるMA-1の作者のスケッチからコラボレーションが実現したとあった。ギブスンといえば言うまでもなくサイバーパンクの最も重要な作家であり、その世界観の提示に奮えたし、今はそれがいささか色褪せた(ヴァーチャルライトあたりから少し減退した感じを持ってしまった)ようにも思うけれど二十歳そこらの若い自分には以降のJ.G.バラードを知るきっかけにもなった今でも重要な作家であり、名作ニューロマンサーモナリザ・オーバードライブなどのほぼ全作品は今も大切に所有している。自身の作曲作品、サクソフォンとコンピュータの室内楽シリーズの「分断するオフィーリアの肖像。その死に顔。」を書いた動機の一つに短編「フォログラム薔薇のかけら」があり、今でもたまに読んでいる。昨年からn-3bやm-65あたりのジャケットを買いまくっているから、その思考の導線上にバズリクソンズが引っかかったわけだが、そのウィリアム・ギブスン・シリーズは以前から知っていたもののalphaのn-3bやm-65が気分であったし、今もそうだけれどもその紹介文には刺さるものがあって、「確かパターン・レコグニションは買っていたけど読んだかなぁ、、、」と探して手に取ったら読んでなかった。新品のまま放置。いったい何年放置しているんだという話だが、そういう本は他にも随分あるはずでとりあえず買っておくということを10年前あたりまでは当然のことのようにやっていた。で、その新品のものを今から読もうとその時思った。という話。

 

バズリクソンズのそのシリーズのジャケットも当然クールです。中でもecwcsパーカーダウンとn-3b。

《変容の対象》2020年1月第6−7小節目を福島諭さんに送る。

 

前田真二郎さんと少し話す。来月の名古屋について。

 

美術手帖にも紹介されているそうです。

 

bijutsutecho.com

 

《変容の対象》2020年1月第4−5小節目を福島諭さんに送る。

 

知らぬ間に寝ている。そんな日が続く。疲弊。

 

m-65のライナーなんかを買い、それはalpha industriesのセカンドのm-65用のもの、カラーはODのものを着たり、同じくalphaのn-3bなんかを今季は着倒しているけれど、またタイガーストライプのm-65も買ったりして気を晴らす。けれど一向に気が晴れないのは様々な要因で疲弊しているからだ。気弱とは違い、常に苛ついている。

 

翻って、今書いている変容はそう言った苛ついた様相は反映されていない。そういうものだと言ってしまえば簡単ではあるけれど、ことはそう単純でもない。

《変容の対象》2020年1月第2−3小節目を福島諭さんに送る。

 

知らぬ間に年が明けてから2週間も経過している。今年も変容は走っているわけだけれど、難しいので速度は遅い。

 

昨年の総括文もまだ一切手をつけていない。心算はあるが、やらなければならないことの比重が重すぎて意識がそこに行かないのも要因だ。

 

年賀もいただいているが返せてもいない。ピアニストの石井朋子さんとか、成瀬くんとか、中森とか。

 

《変容の対象》2019年12月第14−15小節目を福島諭さんに送る。

 

変容も今年で11年。今は31日の午前3時47分だからあと20時間あまりでfineとなる。

 

福島さんは年末忙しく年賀も書けていないらしい。僕は僕で、本来ならしなくても良い雑事で年賀どころではない。面倒この上ないが、動くほかないのでそれに頭を持ってかれ続けているわけだ。年始から半ばにかけて区切りをどうにかつけたい。

 

 

スターウォーズの新作を見てきた。こうなっては面白いとか、面白くないとかはよくわからないけれど、面白くないこともない。けれどこうもキャラクターに魅力がないものかと思ってしまった。物語もペラペラスカスカの感が先立ってしまい、サーガというには様式美などが全くないから物語の重厚さを感じることなどはなかった。残念だった。ダースベイダーが魅力的すぎるのだろうか。今年はジョーカーが死ぬほど良かったのでまぁよしとしよう。

 

残念なことといえばもう一つあった。物事はそううまくは運ばないということ。自分の思惑のスタートラインにも立てない。お話にならないのである。無駄にもほどがあると呆れてしまった。Kさんに頑張って貸した映画みてくださいねと言ったけれど、ちょっと長引くのだろうか。いや、それは本当に避けたい。

 

昨日は福島さんから電話をもらい、少し話した。来年の発表のこと、いろいろ。

 

 

《変容の対象》2019年12月第12−13小節目を福島諭さんに送る。

 

急に冷え込む。意識が冴える、醒めるような冷気は好ましいけれど、無駄な雑事をこなさねばならない。早く新たな環境で音と、あるいは美しい魂の人たちと対峙したい。