hamaji junichi

composer saxophonist

《変容の対象》2019年10月第10−11小節目を福島諭さんに送る。 ** マイルスのボックスセットを買ってまた聴いている。コルトレーンとの全録音6枚組でこれは初めて買った。ストレート・ノー・チェイサーのコルトレーンより、むしろキャノンボール…

《変容の対象》2019年10月第8−9小節目を福島諭さんに送る。 消耗する。1時間半ほど、感覚では息を止めているような時間だった。稀にそういう感覚が去来するけれど、強迫観念的な何かか、書いている時にそういう現象が起こる。 ** 映画「メッセー…

《変容の対象》2019年10月第6−7小節目を福島諭さんに送る。

福島諭さんが先日のイベントの様子の写真を送ってくれた。 端正なイベントの様子が伺える。 static 上の真ん中が映像の遠藤龍くん。右が高橋悠くん。

Dave Brubeck Quartet In Your Own Sweet Way Belgium 1964 YouTube Miles Davis Quintet - In Your Own Sweet Way ポール・デスモンドが信じられないソロを吹いている。夢のようである。一体どういう内部の思考の流れがあって「それ」が可能かわからないが…

変容2−3小節目を福島諭さんに送った。 今日です。新潟の方々是非。 www.shimaf.com

RGB3

www.shimaf.com 福島諭さんから今月の変容の最初の返答を受け取る。 今は台風の風が断続的に電柱のシールドを揺らす音と、風の壁のぶつかる音が鳴っている。 レゾナンスという言葉はサクソフォン奏者なら少し頭にある。 福島さん、高橋悠さん、高橋香苗さん…

《変容の対象》2019年10月第1小節目を福島諭さんに送る。 今月は自身の動機から。 変容では少しない動機を送った。 秋だというのに暑日が続いたが、今日の朝は涼しい。 相変わらずレザージャケットへのフェティッシュが溢れかえっている。 m-65やn-3b…

先月の変容も無事fineを迎えた。組織的にはまだまだ広がりを見せるようなものだった。 今月は自分の動機から。一つの選択肢として、先月の楽想を引き継ぐということもfineの連絡を福島諭さんに送る時に考えたが、もう少し考えようと思う。 夜中はwebern。日…

《変容の対象》2019年9月第13−14小節目を福島諭さんに送る。 ** 度し難い阿呆が女の場合、男は胸倉つかんで引きずり回す、、、というわけにもいかない。やったもん勝ち。ということは案外日常に潜んでいるものだと痛感するが、痛感などしたいわけ…

《変容の対象》2019年9月第11−12小節目を福島諭さんに送る。 ** コーマック・マッカーシーにもロード・ノベル的なものがあった。小説は面白かったが、映画はどうも間延びしていた。アメリカの作家と言えば、ピンチョン、デリーロだが、実はチャー…

《変容の対象》2019年9月第9−10小節目を福島諭さんに送る。 ** 映画「ハン・ソロ」「パシフィック・リム アップライジング」を見る。「ハン・ソロ」は興行的にイマイチだったらしいが、ロードムービー的には面白いと思った。パシフィック〜は監督が…

《変容の対象》2019年9月第7−8小節目を福島諭さんに送る。 少し変化が出てきた。 ++ メガネの度数が合わなくなるのは決まって疲労、疲弊している時だ。 譜面を見るためのメガネが、見えれば何でも良いというわけではない。 なのでメガネがやたら増え…

作曲家の福島諭さんと久しぶりに電話で話した。サックスの日課の練習を済ませ、少しよそに出て勉強をした日だったので、気分を軽くしてもらった。 一時間あまり話す。互いの近況などが主だが、必然音楽のこと、創作に関する思索の流れに沿って生きてゆく中で…

《変容の対象》2019年9月第5−6小節目を福島諭さんに送る。ずいぶん遅くなってしまった。 書こうと思っていたこともあったが、またの日に。

《変容の対象》2019年9月第3−4小節目を福島諭さんに送る。 ** 今日は雨である。 今度前田さんや、福島さんと会う時に世間話程度に話そうと思うことを寝ながら考えていた。いや、大したことではないのだ。我々が捧げているもの。ということとは全く別…

《変容の対象》2019年9月第1−2小節目を福島諭さんに送る。

《変容の対象》2019年9月第1小節目を福島諭さんから受け取る。 先月の変容も無事fineを迎えた。前田真二郎さんの作品「日々」も最後の撮影を終えたとやりとりで知る。 昨日から腕に謎の腫れがあり、激痛を伴うので参る。ただ今は少しましにはなった。 …

《変容の対象》2019年8月第10−11小節目を福島諭さんに送る。 ** およそ得体の知れない阿呆と接する。境遇というのは自ら選んだものであるなら因果とは残酷なものである。

《変容の対象》2019年8月第5−6小節目を福島諭さんに送る。 ** 前田真二郎さんは今日もまた作品「日々」のカットを撮影しているはずだ。

《変容の対象》2019年8月第4−5小節目を福島諭さんに送る。 変容の今月の着想の一つを書いた。 ** 前田真二郎さんは今日もまた作品「日々」のカットを撮影しているはずだ。

《変容の対象》2019年8月第2−3小節目を福島諭さんに送る。 ここ数日この2−3小節目の焦点が合わず、時間だけが過ぎていった。こねくり回しすぎて自分でも訳が分からなくなったような気がしてどうもすっきりしない組織に見えた。ある種の腑に落ちる組…

小さなたましい

先日は招かれて小学校でサクソフォン音楽のレクチャーをした。大人向けのレクチャーは福島諭さんと新潟の近代美術館でやったり、その他にも少しは経験があるけれど、小さな子供たちにどうやって説明すれば良いのか少し心配ではあった。 事前に大まかなレジュ…

《変容の対象》2019年8月第1小節目

《変容の対象》2019年8月第1小節目を福島諭さんに送る。 前田真二郎さんとメールのやり取りをする。先の岐阜のイアマスでの日々《変容の対象》の試演を経てのこの8月。影響がないということはないだろうと。 そうして前田さんは今日も作品「日々」の…

《変容の対象》2019年 7月 fine

山内敦子さん 森田理紗子さん 木村佳さん

*1 *1:ピアノ 山内敦子 映像送出 森田理紗子 サクソフォン 木村佳

《変容の対象》2019年7月第9−10小節目を福島諭さんに送る。 岐阜から帰ってきて12時間強眠り続ける。 なぜ斯様に疲労するのかわからないが帰ってから一瞬ひどく鬱とした想念が入り込み、それにずっと捉われるのではないかという気がした。 今はそ…

《変容の対象》2019年7月第7−8小節目を福島諭さんに送る。 明日はイアマスオープンハウスの初演だが、当然のことだが今月の変容も走っているということで書いていた。 和歌山直撃という台風の情報だったので岐阜にうまくいけるのだろうか、、、と思っ…

iamas radio《変容の対象》

前田真二郎 福島諭 濱地潤一 日々《変容の対象》のイアマスオープンハウスの初演間近ですが、IAMAS Radioで我々の作品を紹介していただいてます。29分から。 作品の大枠の説明は今回サクソフォンを演奏していただく木村佳さん。簡潔にうまく説明していただ…

日々《変容の対象》AUG 2009-2018 上演プロジェクト 告知2

日々《変容の対象》AUG 2009-2018 上演プロジェクト イアマス教授前田真二郎さんのwebに詳細がアップされています。 maedashinjiro.jp